自治につながる キッカケづくり

株式会社ユニココ代表 若尾健太郎さん

福祉の人
株式会社ユニココ 代表
若尾 健太郎さん

自治につながる キッカケづくり

いまのお仕事についてお聞かせください。

㈱ユニココという地域づくりを行う会社を運営しています。

西東京市では多世代コミュティ形成農園『みんなの畑』の運営や、
ひばりが丘団地・団地再生エリアの街づくり団体『まちにわ ひばりが丘』の事務局長を受託運営しています。
また、NPOの運営や起ち上げ・運営支援を行っています。
『まちにわ ひばりが丘』の事務局長は就任して1年となりました。

これからの暮らしやすい地域について、どうお考えですか?

自治というものをそれぞれの人達が意識をもって暮らしていく事が大事だと思っています。
行政に頼りすぎないで、他の人を助け合いながら自分たちの暮らしは自分たちで築き上げていくというのが大事だと思っています。
そういった事が育まれるような取り組みをしていきたいなと思っています。                  

最近思うのは『最初は楽しいから入る』という事が大事という点です。
楽しい事に参加するとか関心がある事に参加する事がキッカケだなと思うんです。
急に「他の人を助けよう」という暮らしのキッカケは中々無いと思うんです。
まずは賑やかしでも良いので、マルシェだったりとかお祭りとかをキッカケに僕らと関わって楽しいつながりで他の人と関わりあう事から多様性や地域課題に気づくキカッケになればと思います。

最後に福祉従事者の方にコメントをお願いします。

日々相手のために尽くし行動している事に本当に頭が下がる思いです。
皆様ありがとうございます。
皆様の負担を減らすためにも関わらせて頂く中で皆様の痛みや喜びを分かち合えればと思います。
ぜひ『みんなの畑』『まちにわ ひばりが丘』を通じて応援させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA