メンバー紹介@愛知御用聞き

萱原 正哉さん

profile

将来、海外支援をしたいと考える関西の大学に通う大学1年生。

中学時代の授業で貧困問題の話があって御用聞きに興味を持つ。

コロナ禍でリモート授業が続く中、実家の愛知県に戻るタイミング

で活動に参加。

Q.御用聞き活動に参加したきっかけを教えてください。

A.祖母が一人暮らししていることもあり高齢者支援に興味があり、インター

 ネットで団体を探していたところ御用聞きを知り参加しました。

Q.活動に参加してみてどうでしたか?

A.ご利用者がスタッフの方をとても信頼していて、地域のつながりの素晴らし

 さに感動しました。ご利用者がとても喜んでくれてこちらも嬉しく、今後も

 参加したいと思います。

Q.今後の高齢化社会や地域支え合いに向けて期待する活動はありますか?

A.新型コロナウイルスの流行によりDX(デジタルトランスフォーメーション)

 の重要性が高まったと感じています。政府はデジタル庁設置などデジタルガ

 バメント実現に向けた取り組みを重要施策と考えているみたいですね。企業

 もデジタル技術を活用したサービスを展開していくと考えられます。

 ただ、私はこの風潮に高齢者が取り残される恐れがあると考えています。

 高齢者やその家族に信頼される御用聞きのような団体が高齢者のデジタル化

 への順応をサポートできると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA