ハムスターのケージの組み立て

御用聞き 現場の声
【組み立て】

御用聞きでは、担い手が現場で感じたことを『ソーシャルポイント』として共有し合っています。
担い手の等身大でリアルな声を皆様にもお届けいたします。
※個人情報を含む部分は修正しています。

ハムスターのケージの組み立て

リピーターの方。お困り事があると御用聞きに依頼してくださる。

今回は途中まで組み立てたけど分からなくなったという、
ハムスターのケージの組み立てを行った。

どこに頼めばいいのか分からない、まさに御用聞きらしい案件だと感じた。

今まで飼っていた猫が亡くなり、ハムスターを飼い始めた。
猫の骨壺があり、ハムスターにした理由は

「ペットを飼いたいけど、次猫を飼っても私たちが先にいなくなったらいけないから…」

という。

今回のケージも、より広いケージにしてあげたいから、という理由。

行き場のないペットなどの社会問題がある中、ペットを家族同然に大切にする方で、本当に好きで愛していることがうかがえた。

ケージはトンネルや水飲みなどが付いていて、説明書も簡素で、組み立ては想像以上に苦戦した。
ご依頼者さまとハムスターのことなど話しながら作業して、同じ時間を過ごせたのが良かった。

また、つい作業に集中して無言になりそうなところを、ボランティアの学生がいてくれたことで、ご依頼者さまとの会話を広げてくれた。
2人体制で行けたことでより良いサービスにつながった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA